kintone CSV出力プラグイン
5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1 5e7716e59df163355f0accc1

kintone CSV出力プラグイン

¥165,000 税込

送料についてはこちら

kintoneアプリのレコードデータをCSV出力するプラグインです。 ●標準の書出し機能との違い:出力仕様● ▼ 同じフィールド名(項目名)が多数あって、書き出すと混乱する。 → 任意のヘッダー名に変更して書き出すことができます。 ▼ テーブル内のフィールドが全部出力されて見づらい。 → 指定のフィールドのみ書き出すことができます。 ▼ 複数のテーブル内に同一名のフィールドがあって、勘違いが発生する。 → テーブル名をヘッダーに含めることができます。 ▼ チェックボックスと複数選択フィールドは、特殊な出力仕様で見づらい。 → 複数の選択肢も指定文字で区切り、1項目として出力されます。 対象フィールド:チェックボックス・複数選択・添付ファイル・ユーザー選択 区切り文字種類:改行・コンマ・スラッシュ・中点・セミコロン・縦棒など ▼ 日付形式がyyyy-MM-ddの書式となる。 → スラッシュ区切りや年月日表示を選択することができます。 ●標準の書出し機能との違い:権限・その他● ▼ 実行権限の設定は書出し可/不可の二者択一になる。 → アプリ設定に依存せずに、ログイン名で指定したユーザーに対して、特定フィールドだけの書出し権限を付与することができます。 ▼ 添付ファイルフィールドの情報を書き出せない。 → 保存しているファイル名とファイルサイズを書き出すことができます。 ▼ 同じアプリで何度も書き出すと、どれがどれか分からなくなる。 → 一覧名や指定フィールドの値をCSVファイル名にすることができます。 ◆購入単位はサブドメインとなります。 同一のサブドメインであれば、複数アプリへの搭載が可能です。 購入時には、備考欄へサブドメインを記載ください。 【注意】 無償お試し版での機能確認を事前にお願いします。 試用中に保存した設定値は、有償版へのアップグレード時に自動的に引き継がれます。